木の家の素朴な温かみや優しさを大切にした、子育てに優れた住宅(住まい)造りは八神建築へ

八神建築株式会社

お問合せはこちら

会社案内 アクセス 子育て支援企業としての取り組み

HOME

八神建築の家づくり

育児とすまい

スタッフ紹介

介護向け住宅改修

リフォームメニュー

耐震改修

古民家再生

サービスの流れ

リフォーム相談会見学会情報

イベント情報

施工実績一覧

会社概要

q

耐震・耐震といわれていますが本当に地震て来るの?

a

この住宅は地震に強い安心構造となっています。特にこの東海エリアには東部には『猿投―高浜断層』西部には『養老断層』と『桑名断層』そして中央を走る『名古屋―岐阜断層』があるとされています。これらが起因となる地震の震度は6〜7と想定され、確率は30年以内に48.2%と発表されています。

私たちはこの48.2%という高い確率の地震リスクに備えるために 『テクノストラクチャー』という耐震性能の高い構造を採用しています。

q

この家、鉄骨を使っていて丈夫そうだけど でもなぜ梁だけ鉄骨なの?

a

1 割箸をご想像下さい。真っ直ぐに立てて押した時はなかなか折れず、横にして力を加えると簡単に折れてしまいますよね?このように木は育成してきた縦方向には強いですが、横向きにして使うと弱くなる部材なのです。

 

2 木造住宅の弱点を鉄で補強して、木の良いところと、鉄の良いところを最大限に引き出すことができるのです。私たちはこの、パナソニック電工が開発した『テクノストラクチャー』を使って『安心の木の家』を作ることを第一に考えております。

q

『強い』というが住宅メーカーでは実験までやってて信頼できそうだけど…

a

1 『テクノストラクチャー住宅』も同等以上の実験を重ねています。 世界最大級の振動施設を持つ(財)原子力発電技術機構の多度津工学研究所にて実大振動実験を行い阪神大震災と同等の揺れを横揺れだけでなく、縦揺れも再現して行いました。また、実験住宅では住宅メーカーのモデルハウスのような耐震性に優れた間取りではなく、より現実的な間取りで実施しました。

 

2 また、これらのデータを解析して入力し、お客様が建てられる家を実際に建築する前にコンピューター上でお客様の家を建てて、その家が地震や風力に対して本当に耐えれるかを1棟ごとに災害シュミレーションを行います。

q

構造のチェックは他社もやっているでしょ?

a

その通りです。他社でも行っていますが、一般的に木造や住宅メーカーでは多くても5種36項目にわたるチェック(耐力壁の量や梁・柱の強度等)しかしていません。私たちは耐力壁の量を始め、基礎の強度等8種311項目のチェックを1件1件行っています。

お問合せこちら

八神建築の家づくり

八神建築の耐震補強

介護向け住宅改修

リフォームメニュー

リフォームメニュー

子育て支援企業

よくある質問

 

link
img
img
img